水土里ネット 幸野溝

水土里ネット幸野溝トップ > 幸野溝の概要

土地改良区からのお願い

幸野溝の概況

水土里ネットとは?

全国水土里ネット(全国土地改良事 業団体連合会)
 
総延長約40万辧蔽狼10周分)の農業用水路を守る私たち土地改良区の愛称です。
およそ7000の拠点を結ぶネットワーク。日本の美しい水と土と里を次世代に!

私たち水土里ネットは、これまでの農業用水や農地の管理という役割に加えて、自然環境との調和、農村文化の継承、都市と農村の対流など、様々な活動を始めています。水土里(みどり)ネットは、みんなの知恵でこれからの農村を創っていく、日本の新しいネットワークを目指します。

幸野溝の概要

 幸野溝は熊本県の南部、球磨川の上流に位置し、幸野ダム(球磨川)より取水し、湯前町、多良木町、あさぎり町を受益地としている。
 水路延長15.4km、かんがい面積1,381ha、組合員1,538名である。また、新幹水路以降の湯前町、多良木町の一部役95haに補給水として揚水している。市房ダムの建設に伴い昭和33年から42年にかけ、水路等の大改修を行ったが、その後40年が経過し、老衰が目立ち、平成9年からUR関係の県営かんがい排水事業により改修を行い平成16年に完了している。営農状況については、米を基幹として、工芸農産物(葉たばこ他)ハウスメロンや、野菜、畜産、花卉等をあわせた生産性の高い複合経営を営む農家が多い。また、昭和35年の市房ダムの建設に伴い、あさぎり町岡原の幸野溝から分かれ錦町の永野地区まで12.4mの新幸野溝(中球磨土地改良区管理)が新設されている。かんがい面積47.5ha、組合員653名である。新幸野溝の新設によって、畑地帯であった地域も美しい水田となった。

幸野溝は、球磨川の上流に位置します。

水土里ネット幸野溝の概要

名称
幸野溝土地改良区
所 在 地
熊本県球磨郡湯前町2065番地
設立(組変)
昭和27年5月8日
業務内容
かんがい及び施設の維持管理
関係町村
あさぎり町、多良木町、湯前町
受益面積
1,381ha
組合員数
1,538人
業務体制 総代51人、理事11人、監事3人、
職員3人、配水・修繕係3人、
施設管理人21人

施設管理と管理意識の向上に努めています。

 
本溝浚渫(本改良区現場班)   水路管理(地元受益者)

限りある農業用水の有効活用を推進しています。

 
「市房ダム農業用水使用連絡協議会」
 ●出席者:
  熊本県ダム管理所、発電所、水上村、
  水土里ネット幸野溝、水土里ネット百太郎、
  水土里ネット中球磨
 ●オブザーバー:
  国土交通省 八代河川国道事務所
  「仁原揚水協力会」
●出席者:
  湯前町、多良木町、
  水土里ネット幸野溝、
  受益者代表